>

具体的な情報を提供すること

どんな情報でも伝えること

依頼したい業者が決まったら、不用品の種類や数を伝えてください。
たくさんの不用品を処分する場合は、それなりにスタッフの数が必要です。
スタッフの人数が少ないと、作業がなかなか終わりません。
ちょうど良いサイズのトラックで、自宅に来てもらうためにも情報を詳しく伝えましょう。
細かい情報を提供することで、業者は正しく判断できます。

いらない情報だと、勝手に判断しないでください。
判断は、業者に任せましょう。
不用品の種類や大きさ、数は絶対に必要な情報です。
何を連絡する時に伝えるのか、メモに箇条書きすると良いですね。
すると良い忘れることがありません。
連絡する時は緊張するかもしれないので、メモがあった方が良いです。

料金を先に聞いておこう

不用品回収業者に任せた時に、いくらになるのか気になる人がいると思います。
依頼した後で高額だということに気づいたら大変なので、必ず事前に調べてください。
何を回収してもらうかによって、料金が変動します。
適当な情報しか伝えていない状態だと、間違った金額を言われてしまいます。

それを信じて依頼すると、不用品をトラックに詰め込んだ後に予想以上の金額を請求されるので気をつけてください。
特に不用品の大きさによって、料金が大きく変わります。
縦が何センチで、横が何センチだと具体的な数字を伝えると良いですね。
どうしても不安な人は、メールや専用フォームから聞きましょう。
それなら写真を添付できるので、確実に不用品の情報が伝わります。


この記事をシェアする